「行けます!!」

「そんなに勉強できないよ!!」
「もう小学校も終わっちゃうし、間に合わないんじゃない!!」
という生徒のために紹介しちゃいます!!


昨年、面接した男の子で東大でも医学部でもいけそうな子がいました。
親が飽きずに、充分な環境をあたえてあげれば大丈夫でしょう。
今は開成中学校に行っていると思います。
中学から東大進学のための専門塾に通うのではないかと思います。
良くあるパターンでは、開成や灘など通うために引っ越しするというのがあります。
非常に良い方法だと考えることもできますが、
子どもの進学ぐらいで引っ越しとかするのはどうかなぁとも思います。

私が実際に教えた
「普通の水戸っ子」ではどうでしょうか?

教え子の中では3名が東大院(博士課程2、修士課程1)で勉強中です。
今年度も一人合格しました。
そのうち2名は小学校の高学年から勉強を教えました。
二人に共通しているのは中学入試の対策をしたということです。
ちなみに、合否はあまり関係ありません。進学先ですが一人は清真学園、一人は水戸市の常澄中です。

公立小から中学受験の勉強をせずに公立中学校に入った場合はどうでしょうか?
公立小学校(茨城大学教育学部附属小学校も含む)では数学(算数)のレベルが低すぎるため、高校以降の学習に大きな差が出ます。それが難関大学合格を阻む大きな障害となっているのです。
また、国語力(特に読解力)が低いと数学の論理問題が全く解けません。語彙力と文章作成能力が低いと大学入試レベルの英語に歯がたちません。

今の公教育は問題山積みです。

それでは小学校卒業までにどのようなレベルになっているのが望ましいのでしょうか?
・ 国語:漢字(漢検5級程度)、熟語の意味、文法、作文力(10分間400字程度)
・ 算数:小学校範囲の問題(算数オリンピックレベルで論理や数理パズルなどの解法)、特殊算、図形問題
・ 理科:小学校範囲の理解と問題演習、論文作成能力の向上
・ 社会:歴史の暗記、地理の暗記、公民の暗記、事柄を発表できるようにまとめプレゼンできる
などをマスターできるようにカリキュラムを組むと良いと思います。
我が家では、漢検(年少で10級、年中で8級ですが同じ級を何回も現在4級)・英検(ゆっくり年中・小1で5級合格ですが小4小6で3級です。)・数検(当該学年の級まで)を取らせています。中学からは少し早めに中3で英検2級、漢検準2級、数検2級の取得を考えています。なぜなら、高校での負担が大きくなりすぎると間に合わなくなる可能性が出てくるからです。
定期購読しているのは、子供の科学や小学生新聞、中高生新聞などです。ただし、息抜きと社会勉強のために漫画雑誌やニコプチや赤毛のアンなどの少年少女の名作も読んでます。
これらは時事問題などの理解に必要です。一般的な教養部分の強化は最重要です。教養のない人物は難関レベルの大学に入ることができません。入学試験の問題が全く理解できないからです。

目安を示します。
茨城統一テストや新教研で450点以上取る。
水戸一高に入る。
水戸一高で上位10%以内に入る。

水戸一高を外した生徒、この計画が難しそうな生徒は武田塾水戸校においでください。

何とかします!!