「英語ができてもグローバルな人材にはなれない!!

って知ってましたか?」

受験生は単語・熟語・文法をマスターし、大学受験の特訓をしてください。まずは受験に成功するのが大切です。そして、基礎知識と専門教育を大学で学び世界に通用するような技術を習得するのが肝心です。

「グローバルな人材を育成する!!」

意味不明です。教育業界の流行語大賞?です。

観光旅行に行って現地の人々とコミュニケーションをとることができればグローバルな人材なのでしょうか?

「そんな人は日本にとって何の役にも立ちません。」



校舎長の知っているグローバルな人材は

「外交や貿易で相互の文化を理解し高い交渉力を持つ

人や世界に通用する特殊な能力(技術力や指導力)を

持つ人」


です。ここでの英語は単なる道具にすぎないと理解しています。


校舎長の周りにいるグローバルな人材?

結構たくさんいます!!一番身近なのは

バチカンの大司教やモナコの市長、欧米の企業経営者・政治家などと仕事をしている川崎和雅(校舎長の弟、こいつは特殊な能力を持つ男です。)です。こいつは英語を話しません。

中途半端な語学力だと事故が起こるので

「通訳を雇うに決まってンじゃん!!」

と言います。契約をまとめ?2/4にシンガポールから帰ってきました。2/5(金)富士スピードウェイのパドックで会って以来、3年ぶりに会いました。しかも南青山のサロンを見に行ったとき偶然!!
「いま、ATSUSHIと一緒だったんだよ。」朝日新聞デジタル版2/9

惜しいニアミスでした。写真撮ってみんなに見せたかったのに・・・。

もう一人、

現、東大大学院で公共政策を学ぶ、教え子のたくみくん!!ドイツ留学で3月まで戻ってきません。今は就職等の進路相談を受けてます。外資系コンサルかなぁ?
このたくみくん、中学三年生まではあまり勉強ができませんでした(エビの飼育とゲームは凄かった!!)。
高校進学を機に早慶レベルを目指し、結局、国際基督教大学に入学。毎年、海外留学をしていました。オーストラリアの大学を皮切りにエジンバラ大、カリフォルニア大バークレー、奨学金で香港の大学、飛び級して東大大学院に合格し、すぐにドイツの大学院に留学。
「英語で院レベルの授業を受けるならTOEFL110以上かな?」
こいつはグローバルな人材になりそうです。
2/8の誕生日にはなぜかミラノにいました。きれいな女の子(金髪)と食事?本人のFBではないのがミソです。今はみんなバレちゃうね!!
就職の相談も受けていますが外務省でも外資系のコンサルタントでも何でもいけそうです。

巷で流行っているグローバルは

「グローバル→英語教育→儲かる!!」

大変浅ましいと思います。よくわからないで騙される親もたくさんいます。困ったものです。

グローバルな人材を育成するための教育関係者たちはちっともグローバルじゃないのではないかと思います。

私はホントに世界中で活躍している先生をあまり知りません。だって、教育界は保守的な人のたまり場じゃないですか!!世の中が◎◎化していく過程で一番遅く導入する業界です。


グローバルでも何でも、まずは実力をつけてください。

道筋は私がつけてあげます。

「実力者は、世界が欲します。」

気が付けば「グローバル」です。